ここから本文です

ホンダCB1300SFインプレ。生き残ったビッグネイキッド

1/13(土) 20:35配信

All About

◆絶滅しなかったビッグネイキッドモデル、CB1300SF

2017年は排気ガス規制が変更され、沢山の人気モデルがカタログ落ちしていきました。そのうちの1台がヤマハのXJR1300。

丸いヘッドライトの伝統的なネイキッドデザインを採用した排気量の大きなバイクとしてはカワサキ・ゼファー1100やスズキのGSX1400なども該当しますが、残念ながら2008年の排気ガス規制強化によってカタログ落ちしています。

XJR1300やCB1300SFは2008年の排気ガスの規制強化にも対応しカタログに残っていましたが、残念ながらXJR1300はカタログ落ちしました。そうなると最後に残されたCB1300SFの動向が気になるところですが、2017年10月19日に排気ガス規制に対応して継続販売することが発表されました。

最近リリースされた1000ccに近いエンジンを搭載しているバイクを見てみると、車体は軽量化され、シートは薄めでシート高は高め。異型のヘッドライトを採用したいわゆるストリートファイター系デザインを採用したバイクが大半をしめています。それに比べるとCB1300SFは全体的に大きめで車重は重く、シートは厚く幅広。シート高は低めで丸目一灯。いわゆる伝統的なデザインと言えます。

規制に対応することで若干スペックにも変更があったCB1300SFを試乗インプレッションしました。

◆2018年モデルのCB1300SFは快適装備が標準に。お値段はいくらになった?

過去に販売されていたCB1300SFにはE Packageというバリエーションモデルが存在し、寒い時にありがたいグリップヒーターやETC車載機とETCのインジケーターランプが追加された専用メーターが装備されたモデルでした。

2018年からはE Packageというバリエーションモデルは廃止され、これらの装備が標準装備となりました。


2016年受注期間限定で販売された2018年モデルに近いグラフィックを採用した、CB1300SF E Package Special Editionの価格は137万8080円(税込み)。それに対して2018年モデルは144万7200円(税込み)なので、その差は6万9120円。価格差は決して小さくはありませんが、追加された装備を確認すればオトクに感じるはずです。

1/4ページ

最終更新:1/13(土) 20:35
All About