ここから本文です

須藤、熊谷ら17人が平昌代表内定=パラアイスホッケー

1/13(土) 19:28配信

スポーツナビ

 日本パラアイスホッケー協会は13日、3月の平昌パラリンピックに臨む代表内定選手を発表した。内訳はGK2人、GK兼FW1人、DF5人、FW9人の計17人。

 この日まで長野市若里多目的スポーツアリーナ(ビッグハット)で行われた平昌大会の前哨戦「2018 ジャパン パラアイスホッケーチャンピオンシップ」終了後に発表された。

 キャプテンを務める須藤悟(DF/北海道ベアーズ)は「自然体で臨みたい」と本番への心掛けを語り、チームの得点源として期待される熊谷昌治(FW/長野サンダーバーズ)は「自分にとって初めてのパラリンピック出場になる。楽しみたい」と意気込みを語った。

 日本は今大会を5戦全敗の最下位(他に韓国、ノルウェー、チェコが参加)で終えた。チームを率いる中北浩仁監督は、「攻めに転じることがなかなかできず、得点を挙げられなかった」と振り返り、「厚みを持って攻撃し、相手の陣地へ突進していく力が必要だ」と、2カ月後の本番へ向けた改善点を挙げた。

 正式なエントリー選手は今月22日に日本パラリンピック委員会から発表。平昌大会のパラアイスホッケー競技は3月10日に開幕する。


■平昌パラリンピック内定選手

<GK>
福島忍(長野サンダーバーズ)
望月和哉(長野サンダーバーズ)

<GK兼FW>
廣瀬進(北海道ベアーズ)

<DF>
中村稔幸(長野サンダーバーズ)
須藤悟(北海道ベアーズ)
三澤英司(北海道ベアーズ)
上原大祐(東京アイスバーンズ)
石井英明(東京アイスバーンズ)

<FW>
堀江航(長野サンダーバーズ)
吉川守(長野サンダーバーズ)
柴大明(東京アイスバーンズ)
安中幹雄(東京アイスバーンズ)
塩谷吉寛(長野サンダーバーズ)
高橋和廣(東京アイスバーンズ)
児玉直(東京アイスバーンズ)
南雲啓佑(東京アイスバーンズ)
熊谷昌治(長野サンダーバーズ)

スポーツナビ

最終更新:1/13(土) 19:35
スポーツナビ