ここから本文です

元NASAのフライトディレクターが語る、危機的状況でも冷静さを保つ方法

1/13(土) 20:10配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

「信じられない、よくあんなことができたものだ」

だからヒルは、管制センターのスタッフが過去の成功に捕われないよう、スタッフに常にわずかな「恐怖心」を感じさせてきた。

「重要なことは、今何をすべきか、今何を決断すべきかだ。データをチェックし、正しい判断を行い、正しい行動をとり、正しいアドバイスを行わなくてはならない。そうして初めて、我々の友人である宇宙飛行士たちを守ることができる」

科学的な分析と具体的な問題解決に取り組むことで、管制センターのスタッフは危機的状況の真っ只中にあっても、冷静かつ論理的でいられるとヒルは語った。

「昔の上司は『危機の最初の兆しが見えた段階で窓から飛び降りるのは早すぎる』と言っていた。もう少し、情報を集めよう。パニックにはその後、いつでもなれる」

ディスカバリー号の冷却システムが危機的状況に陥っていた間、ヒルはまさにそう行動した。

「管制センターでどんなにひどい緊急事態に直面しても、訓練を受け、そうした状況に慣れていれば、対処することは難しくない」とヒルは語った。

「だが、シフトを終えて外へ出たとき、空を見上げてこう思ったことを覚えている。『信じられない、よくあんなことができたものだ』と」

(敬称略)

[原文:A former NASA flight director explains how to stay calm in a crisis]

(翻訳:高橋朋子/ガリレオ/編集:増田隆幸)

3/3ページ

最終更新:1/13(土) 20:10
BUSINESS INSIDER JAPAN

Yahoo!ニュース特設ページ