ここから本文です

ジダン、記者会見で憤る「すべてが悪いわけではないと知っているくせに…」''

1/13(土) 22:33配信

GOAL

今季、不調が騒がれるレアル・マドリーだが、ジネディーヌ・ジダン監督はメディアからの批判に納得がいかない様子だ。

13日のリーガエスパニョーラ第19節、本拠地サンティアゴ・ベルナベウでのビジャレアル戦を前に会見に出席したジダン監督。この会見でも低調なチームについての質問が相次いだが、ジダン監督はそうした問いかけにうんざりしているようで、語気を荒げながら返答していった。

「言われているようなことについて耳を貸す必要はない。現在のマドリーは、すべてがネガテイブに話されている。だが私はそのようには見ていない。全コンペティションで生き残っているなど、ポジティブなことも取り上げる必要がある。言われているほどには悪くはないんだ」

「最後に戦った試合(2-2で終えたコパ・デル・レイ5回戦セカンドレグ、ジェイダ戦)は私が好むものだった。自分が言うことだって聞く耳を持たなければならないはずだがね。確かに、私たちの調子が悪いという意見を聞くことにはうんざりしている。だが私は変わらないし、変わることを望んでもいない。君たち(報道陣)の立場からすれば、すべてが悪いと言うのは簡単だ。けれどもすべてがネガティブではないことも分かっているだろう。マドリーについてネガティブに語るのは素晴らしく、新聞がもっと売れるとしてもね」

また、バルセロナやアトレティコ・マドリーがこの冬に新戦力を加えているのに対して、レアル・マドリーは補強に動かず、ファンを失望させているとの意見にはこう返した。

「理解することはできる。自分が求める選手が加入を望んでいるとしたら、悪いことではない。だが現在、そうした選手は存在しない。このチームには私が望む選手たちがいる」

GOAL

最終更新:1/13(土) 22:33
GOAL