ここから本文です

先輩大学生がアドバイス 入試本番に注意すべきことは?

1/13(土) 20:02配信

TOKYO FM+

大学入試センター試験がいよいよスタート。TOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」では、受験生を全力で応援しています。1月12日放送分では、パーソナリティのとーやま校長とあしざわ教頭が、現在大学1年生の女子リスナーに電話をかけて、入試の際に注意すべきことなどを教えてもらいました。

とーやま校長:今、大学1年生ということは、ちょうど1年前のセンター試験の直前はめちゃくちゃドキドキしてた?

リスナー:不安で、SCHOOL OF LOCK! を聴きながらめっちゃ泣いてました。

とーやま校長:そして、センター試験の結果はどうだったの?

リスナー:その時志望していた大学の点数には届かなかったんですけど、それでも自己ベストが取れて、やりたいことができる学校に合格しました!

とーやま校長:おめでとう。で、本番に向けて何をアドバイスしてくれるの?

リスナー:持ち物についてです。

あしざわ教頭:これは大事だよ!

とーやま校長:何を持って行ったらいいの?

リスナー:ティッシュを持っていきましょう!

とーやま校長:シンプル! でも、それはどうして?

リスナー:センター試験って鉛筆とか消しゴムとかと一緒に、目薬とかティッシュも置けるはずなんです。でも風邪もひいてなかったので、かばんに入れっ放しだったんです。鼻水も出てないし「いっか」と思って机の上にティッシュを置いてなかったんですけど、2日目の数学の時に鼻血が出てきて……。

あしざわ教頭:ええっ!?

とーやま校長:不測の事態が起きるってことだよね。その時はどうしたの?

リスナー:試験官の人に言えばティッシュをもらえたかもしれないんですけど、数学は模試の時から時間が足りなかったので、その時間すら惜しくて鼻つまんでやってました。

あしざわ教頭:それは集中力がそがれただろ?

リスナー:もはや悟りというか、「そんなことに負けたくない」って思いでやってました。でも、備えておくに越したことはないなって思いました。

とーやま校長:そうだね。持って行くだけじゃなくて、ちゃんと机の上にティッシュは置いておくこと。他にもアドバイスある?

リスナー:忘れ物をしないように気をつけていたんですけど、2日目に駅まで送ってもらった親の車の中にスマホを忘れました(笑)。

とーやま校長:ちょっとやらかしがちなんだね(笑)。

リスナー:(笑)。忘れ物したからといって焦る必要はないんですけどね。

とーやま校長:だけど、それだけでペースが乱れちゃうこともあるからね。

あしざわ教頭:受験票とかじゃなくて良かったな!

とーやま校長:あと、みんなピリピリはしてるじゃん。どんな雰囲気かとか聞いてもいい?」

リスナー:私のところは教室自体は同じ高校の友だちとかいたんですけど、教室はピリピリしているし、休み時間は勉強して集中したいっていう子もいましたね。私は喋ってリラックスしたかったので、外に行ったら高校の担任の先生が立っていて、その先生や友達と喋ったり、教科の先生には「パワーちょうだい!」って言って握手してもらったりしてました!

とーやま校長:会場によっても違うだろうけど、そういう時間の使い方も出来るってことだね。

あしざわ教頭:周りに飲み込まれないように、自分のペースをそれぞれに見つけた方がいいってことだね。

リスナー:はい!

とーやま校長:最後に、センター試験を受ける生徒に向けて、一言もらってもいい?

リスナー:はい! 私は1年前の今頃、不安ですごい泣いてました。でも、今大学生になってすごい楽しいです! あなたは十分頑張った! だから、大丈夫! 自信を持って行ってきてください!! あなたの頑張りが実を結びますように。全力が出せますように。がんばれ!!

とーやま校長:ありがとう!

最終更新:1/13(土) 20:02
TOKYO FM+