ここから本文です

最強寒波 北陸中心に大雪

1/13(土) 9:18配信

ホウドウキョク

この冬最強の寒波の影響で、北陸を中心に記録的な大雪になっていて、13日から行われるセンター試験への影響も懸念される。
12日、新潟市で1月としては34年ぶりとなる80cmの積雪になるなど、新潟県から福井県にかけての平地を中心に大雪になった。
13日は、各地で大学入試センター試験が行われるが、北陸などで13日朝も、雪が強くなっている。
13日午前6時現在の積雪は、福井・大野市で83cm、富山市で44cm、石川・金沢市で43cmなどとなっている。
大雪による交通機関の乱れも予想されるので、時間に余裕を持って出かける必要がある。
この今季最強の寒波は、13日いっぱい居座る見込みで、14日朝までに予想される降雪量は、多いところで、北陸で60cm、近畿北部で40cmなどとなっている。
また13日朝は、各地で冷え込みが強まっていて、13日午前5時までの最低気温は、北海道の占冠村(しむかっぷむら)で-24.1度まで下がっているほか、東京都心でも-0.7度と、2日連続の冬日となっている。
昼間も気温は上がらず、厳しい寒さになるとみられる。

・「最強寒波 北陸中心に大雪」を映像で詳しく

最終更新:1/13(土) 9:18
ホウドウキョク