ここから本文です

寒気の広島 大学入試センター試験予定通り

1/13(土) 12:14配信

RCC中国放送

 大学入試センター試験が始まり県内でもおよそ1万5千人の受験生が挑んでいます。

 試験会場の一つ広島市安佐南区の広島市立大学です。

 小雪が舞う中、受験生は試験開始1時間以上前から次々に会場を訪れ高校の先生の激励を受けていました。

 (受験生3人)
「緊張してるんですけど、でも今までやってきたことを信じて頑張ります」

「(先生の激励について)ずっと応援して下さったので、とてもうれしいし心強いです」

「たくさん勉強したので、やりきれたらいいなと思います。(Qきのうはよく眠れた?)はい、しっかり眠りました」

 県内の志願者数は去年より、やや少ない1万4998人です。

 試験は、県内25の会場できょう、あすと行われきょうは午前中、地理歴史・公民、午後から国語と外国語が行われます。

 今シーズン最も低い気温・氷点下9・3℃を観測した庄原市の会場でも受験生たちが試験に挑みました。

 (女子)
「薄着だけど寒くない?慣れてます寒さ対策は?暖かい靴を履いてきたくらいです」

 (男子)
(Q寒さ対策は?)
「みかんを食べることが一番だと思います」

 広島県内ではすべての会場で予定通り試験が始まっています。

RCC BROADCASTING CO.,LTD.

最終更新:1/13(土) 12:14
RCC中国放送