ここから本文です

神戸製鋼が東芝戦へ「最後の試合お互いを思って」

1/13(土) 0:11配信

日刊スポーツ

 ラグビー・トップリーグの神戸製鋼が12日、14日の東芝との順位決定トーナメント(5位決定戦、東京・秩父宮)に向けて神戸市内で約1時間半の調整を行った。

【一覧】トップリーグ総合順位決定トーナメント

 寒さで手がかじかむ中でも丁寧なパス回しを披露し、練習の最後には円陣と集合写真を撮影。ジム・マッケイ・ヘッドコーチ(51、HC)は「今シーズン最後の試合で、移籍などがあるだろうし、このメンバーでできるのは最後。お互いのことを思いながらプレーしよう」と強い思いを伝えた。

 今季は6連勝でシーズンをスタートさせたが、第7節のキヤノン戦黒星から4試合を1分け3敗。日本選手権進出はならず、苦しい戦いとなった。それでも来季は元ニュージーランド代表SOで世界的スターのダン・カーター加入が決定済み。勝利で締めくくり、次につなげたいところだ。

最終更新:1/13(土) 0:48
日刊スポーツ