ここから本文です

鳥栖がフィッカデンティ監督と契約更新「プロジェクトをさらに先に進めるために」

1/13(土) 17:52配信

ゲキサカ

 サガン鳥栖は13日、マッシモ・フィッカデンティ監督(50)と2018年シーズンの契約を更新したことを発表した。

 フィッカデンティ監督は2014年に来日し、FC東京を2年間にわたって指揮。鳥栖の監督は2016年から務めており、今季は就任3年目のシーズンとなる。

 クラブ公式サイトを通じ、「この2年間、常に最大のサポートと強い信頼を与え続けて下さった竹原社長と共に、就任当初から掲げている『鳥栖が頂に』というプロジェクトをさらに先に進めていくために、3年目となる2018シーズンもこのチームをより高い位置に導くとゆう強い決意を持って取り組みます。サガン鳥栖を愛する皆さま、共に戦いましょう!」とコメントした。

最終更新:1/13(土) 17:52
ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合