ここから本文です

【センター試験2018】2日目(1/14)生物基礎は「やや易化」城南予備校、理科1を分析

1/14(日) 14:11配信

リセマム

 城南予備校は2018年1月14日、2018年度(平成30年度)大学入試センター試験において、同日午前10時半に終了した「理科1」のうち、「生物基礎」の全体概況と大問別分析を掲載した。

 14時時点で掲載されている全体概況によると、「生物基礎」は昨年(2017年)と比較して難易度は「やや易化」。全体的に教科書に記載がある基本的な知識を問う問題がほとんどだったとし、「難易度は低かったと言えるだろう」と分析している。問題の分量、出題分野、出題形式は変化なし。

 城南予備校は全体概況にあわせて、大問構成や出題分野・テーマに関する大問別分析も掲載中。詳細は城南予備校のWebサイトで確認できる。

 大学入試センター試験第2日はこのあと、14時40分に「数学2」が終了予定。最終教科は15時半から2科目受験がスタートする「理科2」。

《リセマム 佐藤亜希》

最終更新:1/14(日) 17:00
リセマム