ここから本文です

セレッソ大阪、キャプテン柿谷曜一朗やソウザ、松田、丸橋ら7選手と契約更新

1/14(日) 15:30配信

GOAL

セレッソ大阪は14日、DF松田陸、DF田中裕介、MFソウザ、FW柿谷曜一朗、FWリカルド・サントス、DF丸橋祐介、GK茂木秀の7名と選手契約を更新したと発表した。

キャプテンの柿谷は大阪府出身の28歳。2017シーズンはJ1リーグ戦34試合に出場し6得点を記録している。JリーグYBCルヴァンカップでは5試合1得点、天皇杯では3試合1得点の活躍で2冠に大きく貢献した。

主力として活躍したソウザはブラジル出身の29歳で、昨季はJ1リーグ戦33試合4得点、リーグカップ戦5試合1得点、天皇杯3試合1得点。松田は大阪府出身の26歳で、昨季成績はJ1リーグ戦31試合2得点、リーグカップ戦3試合0得点、天皇杯2試合0得点。丸橋は大阪府出身の27歳で、昨季J1リーグ戦33試合1得点、リーグカップ戦6試合2得点、天皇杯4試合0得点の成績を残している。

リカルド・サントスはブラジル出身の30歳。2016シーズンよりC大阪でプレーしており、昨季はJ1リーグ戦9試合0得点、リーグカップ戦10試合4得点、天皇杯4試合1得点の成績だった。田中は東京都出身の31歳で、昨季はJ1リーグ戦18試合0得点、リーグカップ戦11試合1得点、天皇杯6試合1得点を記録した。茂木は神奈川県出身の18歳で、ルーキーイヤーの昨季はU-23メンバーとしてJ3リーグ戦10試合に出場した。

GOAL

最終更新:1/14(日) 15:30
GOAL

スポーツナビ サッカー情報