ここから本文です

健在なら83歳…神戸でプレスリー「生誕祭」 ファン400人が祝福

1/14(日) 19:24配信

神戸新聞NEXT

 米国のロックスター、エルビス・プレスリー(1935~77年)の誕生日(1月8日)を祝う「生誕祭」が14日、神戸ハーバーランドにある公式銅像に近いスペースシアター(神戸市中央区)で開かれた。音楽評論家湯川れい子さんのトークショーやプレスリーを尊敬する日本人タレントのライブがあり、ファンら約400人が祝福した。

【写真】プレスリーの生涯や音楽性について語る湯川れい子さん

 開催日の14日は45年前、米ハワイでのコンサートが世界同時中継された日。湯川さんはプレスリーの魅力を「声の中に全人格が含まれている。天性のスーパースター」と表現。「白人だが、幼いころから教会に通い、体の中に黒人音楽があった。あの声、あのルックスでロックンロールを爆発的に広めた」とも話した。

   ◆    ◆

 神戸の銅像は世界に3体しかない公認像の一つで、没後10年の節目に東京で建立され、9年前に商業施設「カルメニ」(同区東川崎町1)の近くに移された。

 「〒650-0044 神戸ハーバーランド エルヴィス・プレスリー宛」にメッセージを送ると、特製はがきで“プレスリーからの返事”が届く。カルメニTEL078・362・0960

(上杉順子)

最終更新:1/15(月) 7:58
神戸新聞NEXT