ここから本文です

高梨沙羅3位 Vに飢えた“絶対女王” 自己ワーストタイ6戦連続V逸も「ワクワク」

1/14(日) 6:05配信

デイリースポーツ

 「スキージャンプ・女子W杯」(13日、宮の森ジャンプ競技場)

 男女通じて史上最多となる通算54勝目が懸かった高梨沙羅(21)=クラレ=は1回目、2回目とも93メートルで、238・2点で3戦連続の3位に終わった。これで今季は5戦未勝利、昨季最終戦から6戦連続のV逸は自己ワーストタイとなった。マーレン・ルンビ(23)=ノルウェー=が252・9点で今季3勝目。今季2勝をあげているカタリナ・アルトハウス(21)=ドイツ=が248・6点で2位だった。日本勢では伊藤有希(23)=土屋ホーム=が4位だった。

【写真】どちらが好み?黒髪ロングも清楚でカワイイ沙羅

 平昌五輪を控え、「勝負の年」と位置付ける2018年初戦も、流れを変えることはできなかった。昨季まで圧倒的な強さを誇った高梨の飛距離を、欧州2強があっさりと飛び越えていく。1、2回目とも伸ばし切れず93メートルに終わった高梨は、1回目に95・5メートルを飛んだルンビ、2回目にこの日最長不倒の96メートルを飛んだアルトハウスに敗れ、3戦連続3位。「悔しい。今ひとつ距離が足りない。踏み切りでインパクトを伝え切れてない」と唇をかみ締めた。

 史上最多の54勝の偉業を前に、昨季最終戦から自己ワーストタイとなる6戦連続V逸。特に今季に入り、ルンビ、アルトハウスの台頭により、2位にもなれない試合が続く。高梨自身が「絶好調の時の70パーセント」とまだ完調ではないことも確かだが、これまで勝率5割以上を誇ってきた絶対女王の立場は厳しいものになっている。「本当にお強い2トップが君臨してる」と、ライバルの強さを認める。

 ただ、敗戦が重なる中で、心にはこれまでになかった沸き立つものも感じている。「こういう感覚は久々。上に強い選手がいて、現実を突きつけられてる。でもこの壁を乗り越えたいし、どうやったら乗り越えられるかを考えるとワクワクする。ポジティブに考えれば、まだ伸びしろがある。ハングリー精神を忘れずに戦っていきたい」と前を向いた。

 14日は札幌2連戦の2戦目。「もっと大きなジャンプを見せたい」。金メダルを目指す五輪まであと1カ月足らず。かつてない勝利への飢えを爆発させ、2強に一矢報いる。