ここから本文です

【中山新馬戦】パシオン 5馬身差圧勝、菊川師は「強かった」

1/14(日) 6:01配信

スポニチアネックス

 中山4R新馬戦(ダート1200メートル、牝馬限定)は、4番人気トウカイパシオン(菊川、父ヨハネスブルグ)が初陣を飾った。

 3角前でハナを奪い切ると、そのまま後続を5馬身突き放す圧勝劇。菊川師は「強かったですね。芝を1回試してみてもいいかもしれない」と話した。次走は未定。

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ