ここから本文です

原発事故のチェルノブイリにウクライナ初の太陽光発電所、数週間以内に稼働へ

1/14(日) 17:58配信

AFP=時事

【AFP=時事】1986年に世界最悪とされる原発事故が起きたウクライナのチェルノブイリ(Chernobyl)では、オレンジ色のベストを着た作業員がソーラーパネルを設置する作業に追われている。事故後に見捨てられたこの地を復活させるため、同国初の太陽光発電所を稼働させる準備を進めているのだ。

【写真】チェルノブイリ原発、巨大な新シェルター公開 ウクライナ

 この太陽光発電所は、原発事故後に設置された原子炉を覆う「石棺」をさらに覆う新たな金属製シェルターからわずか数百メートル離れた場所にあり、出力は1メガワットが見込まれている。建設を進めているウクライナとドイツの合弁企業、ソーラー・チェルノブイリ(Solar Chernobyl)の関係者はAFPに対して「中規模の村、あるいは約2000棟の共同住宅の電力需要に対応できる」と説明した。

 ソーラー・チェルノブイリによると、太陽光発電所は数週間内に稼働する予定。

 これまでに100万ユーロ(約1億3500万円)の設備投資を実施し、サッカー場約2面分に相当する1.6ヘクタールの用地にソーラーパネル約3800枚を設置した。償却期間は7年と見込んでいる。最終的には太陽光による域内の発電量を、稼働開始時の100倍に引き上げる意向だとしている。

 過去2年間ロシアからの天然ガス購入を停止しているウクライナは今後、農業ができなくなったチェルノブイリ原発周辺の無人地帯の可能性を太陽光発電などに活用する方針だ。【翻訳編集】 AFPBB News

最終更新:1/14(日) 18:04
AFP=時事