ここから本文です

<ヘルスケア>悩み575、解決77の「Oh!川柳」サイト

1/14(日) 18:00配信

毎日新聞

 川柳を使ったメンタルヘルスケアのサイト「Oh!川柳」が開設された。利用者が「悩み」を「575」の17文字で投稿すると、それを見た人が解決法を「77」の14文字で返し、そのやり取りに共感した人は「Oh!」ボタンを押して応援する。「お題」に応じた回答を競う演芸の「大喜利」の趣で、楽しみながらヘルスケアにつなげる。利用は無料だが会員登録が必要。

 サイトはIT企業、ココロワークス(大阪市)が開発した。認知行動療法と、ゲームの仕組みを取り入れ、楽しみながら取り組む「ゲーミフィケーション」の手法を活用した。同社は「普段のちょっとした悩みやイライラを解消する新しい仕組み」と説明する。

 「Oh!川柳」ではさらに、主観的気分測定ツール「KOKOROスケール」も導入されており、気分変化を「Oh!ポイント」として可視化して、後の効果検証に役立てる機能もある。同社の小松英司社長は、「どれぐらい悩みが解消されたのかデータを分析、公開していく。『Oh!川柳』のアプリも予定している」と話している。【高橋望】

最終更新:1/14(日) 18:00
毎日新聞