ここから本文です

オレの壁は高い!鷹・松田、“後継者探し”に「負ける必要はない」

1/14(日) 7:00配信

サンケイスポーツ

 【グアム13日】俺の後継者は俺! ソフトバンク・松田宣浩内野手(34)が自主トレを公開した。テーマは若返り。今季35歳を迎えるベテランは世代交代に「待った」をかけた。若手に「まだ負けない」という自信をハードなトレーニングと練習意欲で証明した。

 誰よりも肌を焦がし、誰よりも大きな声で、てきぱきと動いた。まだ伸びる34歳。松田は2018年のキーワードを体全体で表現した。

 「若返り。今年35歳でも、まだ上がる一方。きついときも若返った気持ちを持ち続けたい」

 柳田ら高い身体能力を誇るメンバーに20代前半の若手も参加して、長距離ダッシュや10種類の体力強化。「できないとまずいけど、しっかりできた」と自信を得た。

 「みんなが後継者、後継者っていうけど、負ける必要はないでしょ」

 34歳の自身と35歳の内川の“後継者探し”がささやかれるようになった。世代交代を「大事なこと」と理解しつつ「壁は高いと証明したい」という気持ちが本音だ。

 合同自主トレはこの日が打ち上げだが、松田はグアムに残る。トレーナーとマンツーマンで「限界までやってみたい」と追い込みをかける。毎年恒例のグアムも、居残りは初めてだ。16日に帰国後、無休で17日からは東京都内で練習予定。年齢に左右される視力のトレーニングも導入した。

 「(目標は)4年連続の全試合出場と、6年連続ゴールデングラブ賞。自信はある。(若手が抜くのは)まだ難しいと思うよ」。スローガンは、もちろん「熱男」。松田の後継者は、若返った松田だ。