ここから本文です

<中部電力>1月分料金を過小請求 300万円分

1/14(日) 20:14配信

毎日新聞

 中部電力は14日、管内の5県(愛知、三重、岐阜、静岡、長野)で、1月分の2440件の電気料金、計約300万円分を過小請求していたと発表した。電気使用量を自動集計する次世代電力計「スマートメーター」のプログラムミスで、昼間に使った電気を料金の割安な夜間の利用と見なした。支払い済みの対象世帯や商店などに対し、不足分を2月に追加請求する。

 過小請求はスマートメーターを設置し、時間帯別料金プランを設定している顧客に起きた。担当者が今月10日にミスを発見し、11日に正しい設定に直したが、既に検針した分は変更手続きが間に合わず、本来より10~9968円分少なく請求した。同社は「再発防止に努める」と陳謝した。【小倉祥徳】

最終更新:1/14(日) 20:14
毎日新聞