ここから本文です

高梨沙羅、自己ワースト7戦連続V逸「食らいついて越せるように」【一問一答】

1/14(日) 14:18配信

デイリースポーツ

 「スキージャンプ・女子W杯」(14日、宮の森ジャンプ競技場)

 男女通じて史上最多となる通算54勝目が懸かった高梨沙羅(21)=クラレ=は1回目は90メートルで3位だったが、2回目は93メートルを飛び、231・4点で今季自己最高の2位に入った。ただ、これで今季は6戦未勝利、昨季最終戦から7戦連続のV逸は自己ワースト記録となった。マーレン・ルンビ(23)=ノルウェー=が251・6点で前日に続く連勝で今季4勝目。今季2勝をあげているカタリナ・アルトハウス(21)=ドイツ=が230・2点で3位だった。

【写真】どちらが好み?黒髪ロングも清楚でカワイイ沙羅

 高梨の一問一答は次のとおり。

 -今季初の2位

 「前日よりも修正できていたし、その辺が結果に繋がったかなと思う。カタリナ選手(アルトハウス)の2本目は『力を出し切れていない』ということだったので、運も良かった」

 -これで7戦連続V逸で自己最長となった

 「まだまだ自分が完全ではない中で伸びしろもあると思っている。そうやってポジティブに考えられているのは成長かなと思う。勝ちたい気持ちは持っているし、(ルンビらに)食らいついて越せるようにしたい」

 -今季のルンビの強さをどう見ている

 「安定しているし、昨季よりもテークオフのインパクトの厚さがある。かなり男子的なジャンプを飛ぶ」

 -次戦は蔵王

 「自分も着実に前進できていると思う。やるべきことをやっていくしかない」