ここから本文です

安藤優子、カヌー薬物混入に「一つ間違っていれば小松選手が闇に葬られていた」

1/14(日) 11:24配信

サンケイスポーツ

 ニュースキャスター、安藤優子(59)が14日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜前10・0)に出演。カヌー・スプリントの日本選手権で起きた禁止薬物混入問題に言及。小松正治(25)の飲み物に禁止薬物の筋肉増強剤を混入した鈴木康大(32)に「決してこの人を許すことはできない」とコメントした。

 この問題で、鈴木は日本アンチ・ドーピング機構(JADA)から8年間の出場停止処分を受けた。鈴木は、小松の現金とパスポートを隠したり、所属先に中傷する内容のメールを送ったりするなど嫌がらせ行為を繰り返していたことも判明。鈴木はいずれも認め、小松に手紙で謝罪している。

 コメンテーターとして出演した安藤は「最後、(鈴木が)自白したってところに人間の一部の良心というか魂が残っていたんだと思いますが、それを差し引いても決してこの人を許すことはできないですね。だって小松選手の選手生命を4年間絶とうとしたわけですからね」と指摘。「いくら自分がやっていませんと言ってももう結果が出てしまったら、それを覆すことは本当に難しいじゃないですか。一つ間違っていれば小松選手が闇に葬られていましたよ」と断じた。

 お笑いコンビ、ダウンタウンの松本人志(54)は鈴木が混入の動機として「東京オリンピックに出たかった」と話していることに触れ、「目的がしょぼいなって感じがするんですよ。ゴールはオリンピックに出ることじゃなくて、オリンピックでメダルを取ることがゴールじゃないですか。そこをゴールにしちゃってることが。でもそっからですよ、本当の勝負は」と持論を展開。「日本代表になることをゴールに思ってしまってる時点でダメですよね」とバッサリ斬った。

 番組では女優の鈴木砂羽(45)が他局の番組で相手を陥れる行為について「芸能界はこんなことばかりですよ」と発言したことにも触れた。アイドルグループ「でんぱ組.inc」の生みの親である音楽プロデューサー・もふくちゃん(34)は「衣装がなくなるとか聞いたことありますよ。本番の直前に『あっ、ない』みたいな。で、そのまま出たりとか」とエピソードを披露。松本も「芸人で言うたら、ほんこんさんは若手がボケようとしたら後ろからグッと引っ張るという」と話して笑いを誘い、MCのタレント、東野幸治(50)も「テーブルの下で立ち上がろうとしたら太ももグッと持つ。やっかみですね」とお笑い芸人の足の引っ張り合いを明かしていた。