ここから本文です

【淀短距離S】ラインスピリット、OP3勝目

1/14(日) 11:46配信

サンケイスポーツ

 淀短距離ステークス(13日、京都11R、4歳上オープン国際、別定、芝・内1200メートル、1着本賞金2300万円 =出走11頭)2番手を進んだ5番人気ラインスピリット(栗・松永昌、牡7、父スウェプトオーヴァーボード)がゴール寸前で逃げた1番人気アクティブミノルを捕らえ、クビ差でオープン3勝目を挙げた。40戦8勝。タイム1分8秒8(良)。

 ◆森一騎手(ラインスピリット1着) 「斤量(58キロ)は重かったですが、それを克服するような乗り方を考えてイメージ通りの競馬ができました。悔しいレースが続いていたので、勝ててよかったです」

 ◆武豊騎手(アクティブミノル2着) 「スタートが良かったし、いい感じで逃げられたんだけどね。最後で少しモタれる面を見せたのが…。そのぶん、差されてしまった」

 ◆浜中騎手(ベルディーヴァ3着) 「前2頭は速かったけど、格上挑戦でよく走ってくれたと思います」

 ◆川田騎手(グレイトチャーター4着) 「前が残る展開でしたし、よく頑張ってくれています」

 ◆小牧騎手(スマートカルロス5着) 「出遅れてしまったね。それにもう少し脚をためる競馬の方がこの馬にはいいかも」

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ