ここから本文です

「妖精の羽」ひな人形も出展 東月 15日まで御奉仕会

1/14(日) 12:52配信

福島民報

人形の東月(本社・福島県いわき市)主催の第29回チャリティーひな人形・5月人形特別価格大御奉仕会は13日、郡山市のビッグパレットふくしまで始まった。15日まで。
 日本人形協会加盟店、全日本人形専門店チェーン、福島民報社などの後援。東北最大級の展示会で、ひな人形約350点と5月人形約150点を展示、販売している。
 第2回ふくしま経済・産業・ものづくり賞(ふくしま産業賞)で最高賞の知事賞に輝いた川俣町の斎栄織物が開発した世界一薄い絹織物「妖精の羽(フェアリー・フェザー)」を使ったひな人形も販売している。
 人形のほか、こいのぼりや絵のぼりなども並び、初日から多くの家族連れでにぎわっている。東月が募集した「あかちゃんフォトコンテスト」の応募作品約400点も並んでいる。
 収益の一部を活用し、県内の幼稚園や小学校にひな人形やこいのぼりなどを寄贈する。
 時間は午前9時から午後6時まで。問い合わせは会場の直通電話 024(954)6454へ。

福島民報社

最終更新:1/14(日) 13:24
福島民報