ここから本文です

「ごはん・お米とわたし」図画 白子中・加藤さんに総理大臣賞 三重

1/14(日) 11:00配信

伊勢新聞

 全国農業協同組合中央会が主催する「第42回ごはん・お米とわたし」作文・図画コンクールの表彰式が13日、東京都港区の品川プリンスホテルであり、三重県内から、図画部門で第1席の内閣総理大臣賞に輝いた鈴鹿市立白子中3年、加藤ひろなさんに、農林水産省政策統括官付農産部長の岩濱洋海氏が表彰状を贈った。

 コンクールは、小中学生に稲作や米飯の大切さ、農業について知ってもらうのが目的。作文と図画を募集し、全国から作文部門に5万4115点、図画部門に7万2539点の応募があった。両部門で内閣総理大臣賞はじめ、農林水産大臣賞など上位入選作品20点が選ばれた。

 受賞した加藤さんの図画「めっちゃおいしいね!」は、加藤さんが幼稚園の時、お母さんにいつも作ってもらっておいしかったおにぎりを思い出して描いた作品。園児がおにぎりをみんなでおいしそうに食べているひとときを切り取った。

 加藤さんは「絵を見た人が思わずほほ笑んでしまうような、幸せさが見た人に伝わってほしいなという思いで描いた。それが伝わったのかなと思うとうれしい」と話した。

伊勢新聞

最終更新:1/14(日) 11:00
伊勢新聞