ここから本文です

ハリー王子とメーガン・マークルが結婚する礼拝堂はどんな場所?

1/14(日) 20:50配信

ELLE ONLINE

2017年11月終わり、英国王室がついに2人の婚約を正式に発表した。さらに2人の挙式場所も明らかに。どんな場所なのか、その全貌を大公開!

【写真】メーガン・マークルの素敵過ぎる自宅を拝見!

結婚式を挙げる場所は?

イギリス王室から婚約が正式発表されたハリー王子とメーガン・マークル。2011年のウィリアム王子とキャサリン妃の、おとぎ話のような結婚式が再び見られるはず!と世界中が早くも注目している。

王室からの発表によると2人は来年5月に挙式予定。ウィンザー城にあるセント・ジョージ礼拝堂で執り行われるそう。ウィリアム王子とキャサリン妃が式をあげたウェストミンスター大聖堂よりも小さいとか。よりアットホームで親密なムードの式になりそう。

造られたのはいつ?

この美しい礼拝堂の起源は13世紀にさかのぼる。でも現存する円天井の礼拝堂の大部分は15世紀にエドワード4世が建てたものだそう。その後、歴代の君主たちが手を加えてきた。礼拝堂に出窓を加えたのはヘンリー8世。彼は今もこの礼拝堂に眠っている。

礼拝堂には隠された思い出が?

出会ってから婚約発表まで1年半という急展開を迎えたハリー王子とメーガン。2人がこの礼拝堂を選んだのには特別な理由があるみたい。実は、ここは王子が洗礼を受けた思い出の場所だそう!またこれまでも多くのロイヤルメンバーがここで結ばれている。最近では2008年、アン王女の息子のピーター・フィリップスとカナダ人のコンサルタント、オータム・ケリーがここで式を挙げているそう。

結婚式に関する詳しい情報はおそらく当日まで明かされないはず。でも王子と新プリンセスのメーガンのために、この礼拝堂が最高に美しく飾られるのは間違いなし。これから約5カ月、楽しみに待ちたい!

original text:BECCA ENDICOTT translation:Yoko Nagasaka

※この記事は、海外のサイト US版『ELLE DECOR』で掲載されたものの翻訳版です。

最終更新:1/14(日) 20:50
ELLE ONLINE