ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

西岡良仁「ほぼ完璧に戻っている」 全豪OPへ意気込み<男子テニス>

1/14(日) 12:26配信

tennis365.net

全豪オープン

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)に出場する世界ランク169位の西岡良仁は13日、ヨネックス株式会社のパーティーに参加した際、tennis365.netのインタビューに応じ、意気込みを語った。

【全豪OP 男子対戦表】

2017年の全豪オープンで大会初勝利をあげた西岡は、同年の3月に世界ランク58位を記録。その後、4月に左脚の前十字靭帯断裂により手術を受け、今年1月のプレイフォード・テニス国際(オーストラリア/プレイフォード 、ハード、ATPチャレンジャー)で復帰。エキシビジョンのクーヨン・クラシック(オーストラリア/クーヨン、ハード)では2勝をあげた。

西岡は「調子も良いですし、膝の痛みもないです。ほぼ完璧に戻っていると思いますが、5セットの戦いは少し不安です。気候はそこまで暑くならなさそうなので、そこは助かります。クーヨンでいい調整もできましたし、気持ち的には嬉しい気分です」と語った。

初戦で第27シードのP・コールシュライバー(ドイツ)と対戦する西岡は「相手は上の選手。プレッシャーも感じることなくぶつかっていけると思います」と意気込みを見せた。

西岡とコールシュライバーの1回戦は、初日の15日にコート5で行われる。

その他の日本勢は杉田祐一が第8シードのJ・ソック(アメリカ)、ダニエル太郎はJ・ベネトー(フランス)と初戦で対戦する。

tennis365.net

最終更新:1/14(日) 12:26
tennis365.net