ここから本文です

バルサ新加入のジェリー・ミナ、身長はリーガ6位の195cm

1/14(日) 21:23配信

SPORT.es

今冬のジェリー・ミナのFCバルセロナ加入はサッカー界のトップへの仲間入りを意味するだけでない。
彼の195cmという身長はリーガ2017-2018の長身選手トップ10の中にも彼を位置付ける。

このランキングの首位に立つのはデポルティーボのルーマニア人GKコステル・ファネ・パンティリモンだ。
だが、彼の類まれな長身(元選手のニコラ・ジギッチと並ぶ202cm)はチームの絶対的守護神となるには十分ではないようだ。
現在、ルベンが彼とのレギュラー争いに勝利している。

そして2位はヘタフェのセルビア人GKマノイロビッチとなっている。
197cmという身長は空中戦の安定感を保証するが、彼はまだデビューすら果たせていない。

196cmの選手は3人存在する。
エンゾンジ(セビージャ)、アルカラ(ジローナ)、ディエゴ・ロペス(エスパニョール)の3人だ。
この3人の中で市場価値が最も高いのはエンゾンジである。
実際、ベリッソの構想から外されていた事で彼には移籍の噂が絶えない。
その他の2人も良い状況にあるとは言えない。 アルカラは足首の負傷中で、ディエゴ・ロペスはエスパニョールでパウ・ロペスの控えに甘んじている。

ジェリー・ミナは195cmで同ランキングの6位に入っている。
しかし、このコロンビア人選手はバルサの第3センターバックであるトーマス・フェルメーレンが最近数週間、素晴らしいパフォーマンスを披露しているため、プレー機会を手にするのは簡単ではないだろう。

その他に195cmの身長を持つ選手にはレバンテのGKラウル・フェルナンデスとデポルティーボのGKティトンがいる。 両選手共にチームでレギュラーGKの座はつかめていない。

トップ10を締めくくるのはジェラール・ピケ(FCバルセロナ)、セルヒオ・リコ(セビージャ)、ドミトロヴィッチ(セルビア)である。
この3選手は同ランキングにトップ10入りしているその他の選手達とは異なり、それぞれのチームでレギュラーとして活躍している。


(文:SPORT)

SPORT.es

最終更新:1/14(日) 21:23
SPORT.es

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合