ここから本文です

女子高校生刺傷事件から1週間 周辺で検問

1/14(日) 18:07配信

MBC南日本放送

MBC南日本放送

鹿児島市の公園で女子高校生が刃物で刺されけがをした事件で、発生から1週間となった14日、警察は現場周辺で検問をしました。

この事件は今月7日の午後1時ごろ、鹿児島市松陽台町の公園で、16歳の女子高校生が何者かに腹などを刃物で刺され、けがをしたものです。
事件発生から1週間となった14日、警察は犯行の時間帯に合わせて現場周辺で検問をし、不審な人物を見なかったかなど情報提供を呼びかけました。

被害者の女子高校生は犯人について「身長160センチくらいの男で黒縁のメガネをかけていた」と話しているということです。
警察は引き続き、聞き込みや防犯カメラの映像を分析するなどして、殺人未遂の疑いも視野に捜査しています。

MBC南日本放送 | 鹿児島

最終更新:1/14(日) 18:07
MBC南日本放送