ここから本文です

北へ圧力、最大限に…日・リトアニア首脳が一致

1/14(日) 21:18配信

読売新聞

 【ビリニュス(リトアニア)=田島大志】欧州歴訪中の安倍首相は13日夕(日本時間14日未明)、リトアニアの首都ビリニュスでスクバルネリス首相と会談した。

 両首脳は核・ミサイル開発を続ける北朝鮮に対し、あらゆる手段で圧力を最大限まで高める必要性があるとの考えで一致した。

 首相は会談で、北朝鮮について「今やビリニュスも射程に入る弾道ミサイルを発射するなど、欧州全体にとって脅威だ」と述べた。スクバルネリス首相は「北朝鮮は緊張を高めるような行為を抑制すべきだ」と応じた。

 会談では、医療分野などで日本とバルト3国が連携を深める「日バルト協力対話」の新設も確認した。

最終更新:1/14(日) 23:54
読売新聞