ここから本文です

朝比奈沙羅がブルゾンちえみwith B決めポーズ

1/14(日) 16:16配信

日刊スポーツ

 柔道の世界無差別選手権金メダルで世界選手権女子78キロ超級銀メダルの朝比奈沙羅(21=東海大)が14日、小学生らに世界トップレベルの技を伝授した。

【写真】髪をバッサリ切った朝比奈沙羅

 柔道の総本山こと東京・講道館で行われた新春恒例の鏡開き式に参加。朝比奈は女子63キロ級の津金恵(22)らとともに小学生ら未来のメダリストに乱取り稽古をつけた。「(鏡開き式での稽古は)やってもらう側だったのに、まさが自分がやる側に回るとは。時間が過ぎたなという感じです」。講道館の春日クラブ出身の朝比奈は、感慨深くこう振り返った。

 2人は内股や立ち技から寝技への移行など本格的な技を伝授する場面もあった。指導を受けた外山葉乃ちゃん(9)は「技のキレがすごかった。私も頑張って強くなりたい」と満面の笑み。内股を得意とする津金は「私が小さい時より上手。センスがある」と脱帽していた。稽古後、2人は写真撮影やサインを求められる人気ぶりで、ブルゾンちえみwith Bの決めポーズで写真撮影に応じるなど和やかな雰囲気だった。

 重量級の世界女王は今年のテーマを「不屈」とした。昨年は世界選手権は銀メダルに終わったが、世界無差別選手権やグランドスラム(GS)東京大会などで金メダルを獲得し、存在感を示した。「満足していない。全てが20年東京五輪の通過点。今年は五輪に向けて大事な年で、負けられないし、屈しない。さらに経験値を上げて2年後へつなげたい」。

 今年初の国際大会は、2月のGSデュッセルドルフ大会(ドイツ)となる。ドイツでの大会は「嫌な思い出がある」としたが「勝って結果で(世界女王を)示したい。万全な状態で臨めるようしっかり準備します」と世界ランキング1位の意地をのぞかせた。

最終更新:1/14(日) 16:27
日刊スポーツ