ここから本文です

「超がつくほどの真面目」―科学の力を武器とする鷹・バンデンハークの秘密

1/14(日) 10:44配信

Full-Count

野手から投手に転向した剛腕の原点、NPBでは無傷の14連勝デビュー

 近年、国際大会で強烈なインパクトを残す国・オランダ。2017年のWBC第2ラウンドで日本と延長にもつれ込む死闘を演じたことは記憶に新しい。

【動画】バンデン圧巻の奪三振ショー! 力強いストレート、曲がりの大きい変化球で西武打線を翻弄!

 現在、オランダのエースに君臨するのは福岡ソフトバンクのリック・バンデンハーク投手だ。来日から1軍登板後、元巨人・堀内恒夫氏の記録した初登板からの13連勝を50年ぶりに更新する無傷の14連勝を挙げ、衝撃デビューを飾ったが、活躍までの道のりは簡単なものではなかった。

 フロリダ・マーリンズに入団後、打撃が安定しないバンデンハークは自身の特徴である強肩を最大限に生かした投手への転向を決断した。その後、2002年から2012年の約10年間、主にマイナーリーグを転々とした。当然、バンデンハーク自身も悩んだが、両親を含め、専属トレーナーたちも大いに悩んだ。故障の多かった右腕を担当していた理学療法士は、オランダで行われている、とあるプロジェクトに最後の望みをかけた。

研究と野球の融合“Project FASTBALL"との出会い

 オランダでは、代表チームのスタッフに「サイエンティスト」という役職が加えられるほど、スポーツに研究が生かされている場面が多い。2013年には王立野球・ソフトボール協会(以下:KNBSB)主導のもと、「Project FASTBALL 投手のケガ予防を含めた速球を投じるフォームの研究プロジェクト」が始動しており、バンデンハークを担当していた理学療法士は、知人のサイエンティストにお願いし、実験をすることになった。約5か国語を操ると言われ、サムスン・ライオンズ時代にコーチをしていた門倉健氏が「超がつくほどの真面目、何時間でも投球フォームを見直している」と評するほどの勉強家のバンデンハークも研究を快諾した。

 実験の前には、過去の怪我や疲労が溜まりやすい箇所などをふまえた上、協議を重ね、動作分析を実行。そして科学者による測定の結果、バンデンハークは踏み出し足にかかる股関節の力が飛び抜けていることが判明。198センチ、105キロの巨体を踏み出し足である左足一本で支えていたことで、怪我のリスクも高くなり、故障につながっていたことが分かった。

 分析を担当したProject FASTBALLリーダーの教授はこう説明する。

「彼は元々、特徴として・大きい(背が高い)・力強い・速い(球速)・うまい(技術)の4点を兼ね備えていた。それをうまく活用するためには、フォームを“変える”のではなく“生かす”ことが重要だ」

1/2ページ

最終更新:1/14(日) 13:00
Full-Count