ここから本文です

クロースがSNSで「フットボールに無知な人たち」に怒りの反論

1/14(日) 10:33配信

ゲキサカ

 レアル・マドリーに所属するドイツ代表MFトニ・クロースが、チームに対する批判に反論している。

 レアルは13日、リーガ・エスパニョーラ第19節でビジャレアルをホームに迎えた。後半8分にクロースが惜しい左足ボレーを放つなど、レアルは決定機を何度も作ったが決めきれず、後半42分にカウンターから失点し、0-1で敗戦。3試合白星なし(1分2敗)という結果に終わった。

 不調に陥るレアルに対して、批判的な報道が繰り返される中、クロースが自身のツイッター(@ToniKroos)で反論した。

「確かに僕たちとマドリディスタ(レアルのファン)にとって難しい時期だ。でも、今日の僕たちが悪い試合をしたという人々は、フットボールに無知な人たちだ。良いパフォーマンスだったし、これを継続していかないといけない。今シーズン、勝利を手にする時間はたくさんある」と、この日のパフォーマンスは勝利に値したと強調した。

最終更新:1/14(日) 10:33
ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合