ここから本文です

つかみはOK?名古屋新加入アーリア、前背番号9シモビッチに「背と顔は似ているが…」

1/14(日) 20:45配信

ゲキサカ

 大宮アルディージャから名古屋グランパスに加わったMF長谷川アーリアジャスールは、背番号9を背負うことになった。奇しくも、入れ替わる形で大宮に移籍したFWシモビッチが昨年まで背負っていた番号をつけることになったが、「背と顔が似ていると言われますけど、負けないようにしたい」と意気込んだ。

 つかみはOKだ。新加入組のDF畑尾大翔(←甲府)とともに登壇したアーリアは、「結果を出すだけだと思うので、応援よろしくお願いします」とあいさつ。ただここからはアーリアの独演会となった。

 まず、名古屋での初練習の感想を「知っている選手がたくさんいたので、すんなり入れました」と答えたアーリア。C大阪で一緒にプレーした経験のあるFW玉田圭司らがいたことで、すんなりとチームに入り込めたようだ。

 玉田からは「おー久しぶり。何で俺に連絡しないんだ」と指摘されたことを明かすと、ファンも大盛り上がり。「たぶん発表で知ったんじゃないですか」とかぶせると、更なる笑いを誘った。

 また「名古屋の街のイメージは『ひつまぶし』。すぐに来て、矢場とんも頂いた」と、早くも名古屋文化に染まっている様子。ただ「ミシンを頂きました」と会場の困惑を生む場面も。味仙という名古屋を代表する中華料理店の名前を挙げたかったようで、すぐに訂正。しかし言い間違いもご愛敬。早くもサポーターの心を掴んでいた。

最終更新:1/14(日) 20:45
ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報