ここから本文です

ゴールドマンPE部門とベスター、米ハースサイド売却も-関係者

1/12(金) 16:07配信

Bloomberg

ゴールドマン・サックス・グループのプライベートエクイティー(PE、未公開株)部門とベスター・キャピタル・パートナーズは、米食品メーカー、ハースサイド・フード・ソリューションズの売却を検討している。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

詳細な情報の非公開を理由に関係者の1人が匿名を条件に語ったところでは、ハースサイドには25億ドル(約2800億円)前後の値が付く可能性がある。最終決定には至っておらず、売却しない選択肢もあるという。

ベスターの担当者はコメントを控えている。ハースサイドの外部広報担当者は、懸案となっている変更はなく、それ以上の情報は持っていないと説明。ゴールドマンの担当者にコメントを求めたが、これまでのところ返答はない。

取引の事情を知る関係者が当時明らかにしたところでは、ゴールドマンとベスターは2014年にハースサイドをウインド・ポイント・パートナーズから約11億ドルで取得することで合意した。ウインド・ポイントはハースサイドを09年に買収した。

原題:Goldman Sachs Buyout Arm Said to Plan Hearthside Food Sale(抜粋)

Shruti Singh, Ed Hammond

最終更新:1/12(金) 16:07
Bloomberg