ここから本文です

これぞ「紙」技! 使うほどにメモ帳が清水寺に変身 150枚を手作業で重ねて制作 大阪の会社に聞いた

1/16(火) 7:00配信

withnews

 分厚いメモ帳を1枚ずつはがして使っていくと、最後に清水寺が現れる――。そんな商品がネット上で注目を集めています。デザイン会社が作った「OMOSHIROI BLOCK」で、清水寺以外にも東京タワーや浅草寺の雷門、ピアノやバイオリンなど様々なバリエーションがあります。どんな商品なのか取材しました。

【画像】清水寺になるまでを連続写真で紹介。東京タワー、城、ピアノ、カメラ、SLなど他の商品の写真も

メモ帳が清水寺に

 今月11日にツイッター投稿された4枚の画像。そこには1枚ずつはがして使うタイプのメモ帳が写っています。

 最初はただの分厚いメモ帳ですが、はがしていくと徐々に立体的な建物が現れてきて、最後には清水寺が完成する様子が4枚の画像からわかります。

 この投稿に対して、「1日でメモ使い切っちゃいそう」「便利に使ってアートが残る」といったコメントが寄せられ、リツイートは12万、いいねは24万を超えています。

商品名は「OMOSHIROI BLOCK」

 この「OMOSHIROI BLOCK」を制作したのは、大阪市のデザイン会社・トライアードです。

 ツイッターをきっかけに注目を集めたことで、ホームページにアクセスが集中。16日朝の時点で閲覧できない状態が続いています。

 広報担当の妹尾恵理子さんによると、現在のラインナップは全22種類で、価格は980円~10000円(税抜き)。京都デザインハウスと東急ハンズ梅田店で販売しており、清水寺や東京タワーといった建物だけでなく、ピアノやバイオリンといった楽器などもあります。

 「一瞬一瞬を重ねながら刻み込まれていく記憶のように、旅の続きをデスクの上で楽しんでほしいという思いで制作しました」と妹尾さん。

 紙は1枚1枚レーザー加工したものを、手作業で積み重ねて制作しているため、大量に生産できません。ちなみに清水寺は150枚を積み重ねているそうです。

 話題になったことについては、こう話します。

 「正直驚いていますが、弊社商品に関心を持っていただき、大変ありがたいです。私たちは模型の制作からスタートし、現在は領域を超えたトータルデザイン会社として事業展開しています。私たちが持つ技術を使った商品で、みなさまの日常の中に「OMOSHIROI」を見つけ、感じてもらえたら、うれしいです」

東急ハンズ梅田店は売り切れ

 東急ハンズ梅田店によると、「OMOSHIROI BLOCK」の取り扱いを始めたのは昨年12月末。ツイッターで話題になり始めた11日昼ごろから売り場がざわつき始めたそうです。

 急きょ12日朝に追加で仕入れたそうですが、夕方までにすべて完売。計80点ほどが売れ、現時点で入荷のメドは立っていないといいます。

最終更新:1/16(火) 10:47
withnews