ここから本文です

最後のサンデー産駒ビュレットライナー引退 ディープ世代の16歳

1/16(火) 12:10配信

netkeiba.com

 名種牡馬サンデーサイレンス産駒の最後の現役馬ビュレットライナー(牡16、岩手・佐藤雅彦厩舎)が引退したことがわかった。今月3日の水沢2Rが最後のレースとなった(7着)。

【写真】ビュレットライナーの軌跡

 ビュレットライナーは、父サンデーサイレンス、母カウンテスステフィ、その父Geiger Counterという血統。2004年9月にデビューし、中央競馬では23戦1勝。6歳時の2008年からはホッカイドウ競馬で出走、2009年から引退までは岩手競馬に在籍した。

 最後の勝利は14歳時の2016年6月、水沢2Rの国指定名勝浄土ヶ浜賞。通算成績は178戦21勝。今後は千葉県の東関東馬事専門学院で第二の馬生を送る。

最終更新:1/16(火) 15:22
netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ