ここから本文です

車の通行を2時間以上制止… 県警側の違法性を認定 高江ヘリパッド抗議で那覇地裁

1/16(火) 14:15配信

沖縄タイムス

 2016年11月に、ヘリパッド建設が進む沖縄県東村高江周辺の県道で、沖縄県警の指揮下にあった警察官に違法に車両の通行を2時間以上制止されたなどとして、建設反対の市民を支援する弁護士が県に国家賠償法に基づく損害賠償を求めた訴訟で、那覇地裁(森鍵一裁判長)は16日、県警側の対応の違法性を認め、県に30万円の支払いを命じる判決を言い渡した。

 森鍵裁判長は判決理由で「県警指揮下にあった警官が実施した留め置きやビデオ撮影は、原告の自由を制約するものであり、警察官職務執行法や警察法によっても正当化できるものではない」と指摘。「警官の判断は不合理と言わざるをえず、違法と評価される」と判示した。

最終更新:1/16(火) 18:20
沖縄タイムス