ここから本文です

浜名湖に現れた猛毒のタコ

1/17(水) 13:00配信

ソーシャル・イノベーション・ニュース

日本財団海と日本プロジェクトin静岡県

南の海に生息し、猛毒を持つタコ、ヒョウモンダコが日本近海で確認されている。

ヒョウモンダコは、体長10cmほどで、小笠原諸島や南西諸島より南の太平洋からオーストラリアにかけての暖かい海に生息し、体表にまだらの模様がある。
唾液にフグと同じテトロドトキシンという強い毒があり、人が噛まれると2時間ほどで死亡してしまう危険性がある。

そんなヒョウモンダコが、静岡県の浜名湖で相次いで発見された。
2016年は、5匹以上が確認されている。
一体なぜ南国の危ない生き物が現れたのか?

その原因について、浜名湖を研究している体験学習施設ウォットの館長・加藤修さんは、
「地球温暖化、すなわち温度の上昇が原因の一つとして考えられ、
浜名湖でも見受けられてしまったのかなと思います」と話す。
地球温暖化によって海水温が上昇し、ヒョウモンダコが生息できる海域が広がっている可能性があるのだ。

そんな身近な浜名湖について知ってもらうため、ウォットでは定期的に講座を開催。
海の生態系が、温暖化で変化している可能性を伝えている。

浜名湖で確認されたヒョウモンダコは、
地球規模で起きている環境変化のほんの一端なのかもしれない。

素材提供:日本財団海と日本プロジェクトin静岡県
協力:株式会社テレビ静岡

ソーシャル・イノベーション・ニュース運営事務局