ここから本文です

【超絶スーパーカー】日本初公開されたパガーニのウアイラ・ロードスターとは?

1/17(水) 12:10配信

投信1

約2億8000万円もするスーパーカーを製造するパガーニ社

幕張メッセで1月12日~14日にかけて開催された「東京オートサロン2018」で、パガーニのウアイラ・ロードスター(HUAYRA ROADSTER)が日本初公開された。価格は税別で228万ユーロ(約2億8000万円)と超高額なスーパーカーで、100台の限定発売。

パガーニ ウアイラ・ロードスターの写真を見る

製造・販売を行なっているのは、イタリアに本社がある自動車メーカーのパガーニ・アウトモビリ社。代表はオラチオ・パガーニ氏で、ランボルギーニのカウンタックのデサイン担当や、フェラーリのF1エンジンコンポーネンツの金型設計、生産に協力し、1999年にパガーニのゾンダC12をジュネーブショーで発表した。

ゾンダはさまざまなバリエーションが存在しているが、他に類を見ない独特なスタイリングが特徴。ウアイラ・クーペはゾンダの後継モデルとして2011年にワールドプレミアされた。その後、2016年にはウアイラBCが、2017年にはウアイラ・ロードスターが登場。ウアイラ・クーペよりも挑発的で、ウアイラBCよりもエレガントなのがウアイラ・ロードスターだ。

パガーニ・アウトモビリ社の代表、オラチオ・パガーニ氏が登壇

「初めて手にしたバイクはホンダで、クルマはトヨタでした。それ以降、日本の美について感銘を受け今日に至ります。今年でパガーニ社は20周年を迎え、明日(1月13日)は東京ショールームをプレオープンすることができるのは、非常に喜ばしいことです。日本はアジアの中でも一番大切な市場なのでこれからも最善を尽くし、クルマの製造を行いたいと思います。家族経営で始まったパガーニですが、おかげさまで毎年20%の増益になっています。レオナルド・ダ・ヴィンチが私に教えてくれたように、美の追求、そして最高級のテクニック、それがイタリアの文化だと思い、それをひとつのクルマにまとめました」

ウアイラ・ロードスターはクーペに比べて80kgも軽量

ウアイラ・ロードスターはクーペに比べて軽量だ。そんなことを言うと、オープンカーなので屋根がないから軽くなるのは当たり前じゃないかと思いがちだが、屋根があることでクルマはボディ剛性を保つことができるのだ。だから単純に屋根を取り払ってしまうと、ボディ剛性が著しく低下してしまい、ハイパワーなクルマだととても危険な状態になる。

そのため、シャシーを補強する必要があり、クーペに比べてカブリオレは重くなるのが一般的。実際にランボルギーニのアヴェンタドールのクーペとロードスターの車両重量を比較すると、ロードスターの方が重く、メルセデス・ベンツやBMWでは、カブリオレのほうが100kg以上も重い。

それだけにロードスターのほうが軽いというのは驚異的なことなのだ。しかも剛性にはおいては、52%も増加しているというから、ウアイラ・ロードスターが驚くべき進化をとげているのがわかる。

1/2ページ

最終更新:1/17(水) 12:10
投信1