ここから本文です

『私をスキーに連れてって』から30年、スキー場は復活するのか

1/17(水) 21:20配信

投信1

今年はウィンタースポーツが盛り上がる?

1月も中盤、いよいよ冬本番です。今年は平昌冬季五輪が開催されることから、いつもよりウィンタースポーツの話題に触れる機会が多いのではないでしょうか。

また、1月16日の日経平均が取引時間中にバブル経済崩壊後の最高値を更新するなど、景気にもなんとなく明るさが見えてきたことから、久しぶりにスキーにでも出かけようかとお考えの方もいらっしゃるかもしれません。

ところで、皆さんは『私をスキーに連れてって』という映画をご存じでしょうか。原田知世主演のこの映画は、かつて日本中がスキーブームに沸いていた1987年11月21日に公開された作品です。

公開当時の日経平均は、直前に起きたブラックマンデー(10月19日)の影響もあり2万2,500円前後で推移していましたが、その後、バブル経済の進展とともに上昇し、1989年12月29日 には最高値 3万8,957円を記録しています。

そして、今年はこの映画が公開されてから30周年となります。

株式市場では、“バブル経済が再来しそうだ”という声が時折り聞かれるようになってきましたが、スキー場のほうは、いったいどのようになっているのでしょうか。

長野県のスキー場利用者はピーク比で3割の水準に

結論から先に述べると、日本のスキー場は日経平均とは対照的に、まだまだ低迷した状態にあります。そのことを確認するために、日本で最もスキー場が多い長野県のデータを見てみましょう。

昨シーズン(2016年11月から2017年5月)の延べ利用者数は661万4千人と前年比11%増となっています。ただし、ピークであった1992年に比べると約3割の水準に留まり、水準自体は1970年前半と同程度まで落ち込んだ状態です。

ここ数年は6~700万人台で推移しており、下げ止まりの兆しが少し見られるものの、まだまだ低迷を脱してきれていないのが実態です。

では、今後、日本のスキー場はどうなっていくのでしょうか。そのことを考えるために、東証マザーズに上場している日本スキー場開発 <6040> という、文字通りスキー場を開発し運営している会社を通して考えてみたいと思います。

1/2ページ

最終更新:1/17(水) 21:20
投信1

チャート

日本スキー場開発6040
1929円、前日比+14円 - 2/23(金) 14:13

チャート

日本駐車場開発2353
186円、前日比+2円 - 2/23(金) 15:00