ここから本文です

パリSGが8発快勝!ネイマール4発、カバーニはクラブ通算156点目でイブラの最多記録に並ぶ

1/18(木) 7:00配信

ゲキサカ

[1.17 リーグ1第21節 パリSG 8-0 ディジョン]

 リーグ1は17日に第21節を行い、パリSGはホームでディジョンと対戦し、8ー0で勝利した。

 パリSGは14日の第20節・ナント戦(1-0)からスタメンを5人変更。DFユーリ・ベルチチェ、DFチアゴ・シウバ、DFトマ・ムニエ、MFユリアン・ドラクスラーが先発復帰。また動きに精彩を欠くFWキリアン・ムバッペをベンチに下げ、肋骨を痛めていたFWネイマールが起用され、FWエジソン・カバーニ、MFアンヘル・ディ・マリアとともに最前線に並んだ。

 パリSGのゴールラッシュは前半4分から始まる。PA左手前でボールを受けたディ・マリアが左足を振り抜くと、山なりのループシュートがゴール右隅に決まって先制。同15分、ネイマールがPA左からGKの脇を通すシュートを放ち、ファーサイドに流れたところを再びディ・マリアが押し込んで2点目とした。

 前半21分、パリSGは右サイドからディ・マリアが右足でクロスを上げ、PA中央のカバーニが頭で叩き込んで3点目。カバーニはパリSGでの通算156得点目として、FWズラタン・イブラヒモビッチが築いたクラブ最多得点記録に並んだ。同42分にはネイマールがPA右手前で自ら獲得したFKを右足キック。相手GKが一歩も動けないほどの完璧な弾道で4点目をゴール右隅に沈めた。

 前半を4-0で折り返したパリSGは後半12分、左サイドのベルチチェがクロスを放ち、相手DFがPA左でクリアし損ねたところをネイマールが押し込んで5点目。同22分にはディ・マリアに代えてムバッペが投入されると、同28分にはネイマールが左サイドから4人を抜き去り、最後は相手DFの股を抜くシュートでハットトリックを達成した。

 6点を重ねてもパリSGの得点はまた止まらない。後半33分、ネイマールがPA左に出したスルーパスを、追い抜いたムバッペが左足ダイレクトでニアにぶち抜いて7-0にする。同38分にはカバーニがPKを獲得。カバーニの最多得点記録更新の期待が高まる中、PKは成功率が高いネイマールがキッカーを務め、ダメ押しの8点目を決めた。パリSGは8-0でリーグ戦5連勝。2位・リヨンと勝ち点11差で首位を独走している。

最終更新:1/18(木) 7:04
ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報