ここから本文です

稀勢の里休場 左大胸筋損傷…5場所連続6度目「相撲を取るのは厳しい」

1/19(金) 7:36配信

デイリースポーツ

 「大相撲初場所・6日目」(19日、両国国技館)

 横綱稀勢の里(31)=田子ノ浦=が19日の6日目から途中休場した。この日朝、師匠の田子ノ浦親方(元幕内隆の鶴)が「左大胸筋の損傷で休場することになりました」と、明かした。

【写真】土俵下まで吹っ飛ばされた

 左大胸筋は昨年3月の春場所で負傷した箇所。5日目の嘉風(尾車)戦で敗れた際、悪化させた模様。稀勢の里は5日目までに4敗(1敗)を喫していた。5場所連続、6度目の休場となった。

 左上腕部、腰部、左足首などの故障から再起を目指していたが、またも15日間、全うできなかった。

 前夜に話し合った田子ノ浦親方は「本人には最初、『ちょっと考える。胸が痛い』と。(病院で)調べて本人と話し、相撲が取れるか?と聞いたら『相撲を取るのは厳しい』ということだった。自分も見て判断した。出たかったと思うけど悪化してもいけない。本人は悔しいと思う」と説明した。

 来場所、3月の春場所(3月11日初日、エディオンアリーナ大阪)での復帰を目指し、まずは治療に専念する。「何とか次の場所に間に合うようにしたいと思う。万全の横綱らしい相撲が取れるように。そういう目標でやっていきたい」と、親方は話した。