ここから本文です

高梨沙羅 44・9点差の衝撃的完敗で4位 絶好調ルンビは「別格」と認める

1/19(金) 19:33配信

デイリースポーツ

 「スキージャンプ・女子W杯」(19日・クラレ蔵王シャンツェ)

 男女通じて史上最多となる通算54勝目が懸かった高梨沙羅(21)=クラレ=は1回目が93・5メートルで3位に止まり、2回目も93メートルに終わり、216・0点で4位に終わった。表彰台を逃すのは5試合ぶり。これで今季は7戦未勝利、昨季最終戦から8戦連続のV逸は自己ワースト記録更新となった。優勝者との得点差44・9点は今季最大点差。マーレン・ルンビ(23)=ノルウェー=が1本目で101・5メートルを飛びぶっちぎると、2回目も100メートルを飛び、260・9点で圧勝。前週の札幌大会から日本ラウンド3連勝で今季5勝目を飾った。

【写真】無念の4位 うつむいて引き揚げる高梨沙羅

 高梨の一問一答は次のとおり。

 -ジャンプを振り返って

 「札幌から蔵王に変わって、自分のポジションに落とし込んできたつもりでいたけど、ジャンプ台が変わって狂ってしまったということは落とし切れてなかったということ。テーマにしているカンテ(踏み切り台)にインパクトをという部分まで至らなかった」

 -4位。全体的なレベルが上がってきている。

 「本当に少しのミスも許されない試合になってきている」

 -ルンビが強い

 「やはり別格だなと思います。テークオフのインパクト、そこからのマキシマムまでのスピードもある」

 -20日は団体戦

 「チーム一丸で力を合わせて頑張りたい。まずは自分が足を引っ張らないようにしたい」