ここから本文です

【動画解説】週明けは太平洋側でも大雪 関東は雪への備えを

1/19(金) 16:09配信

ウェザーマップ

 南岸低気圧の影響で、22日(月)は太平洋側でも雪が降って、関東の内陸を中心に大雪のおそれがあります。早めの備えが必要です。

 上空には北から強い寒気が流れ込み始めています。月曜日になると、日本の南に低気圧も進んでくるため、太平洋側でも雪が降って積もるおそれがあります。

 関東は月曜日の朝に弱い雪の降る所がありますが、本降りになるのは月曜日の午後でしょう。関東の内陸や東北南部太平洋側などでも大雪に注意が必要です。

 東京都心では、月曜日の夕方は雨の可能性が高くなっていますが、これは南を通る低気圧のコース次第です。低気圧が、現時点の予想より南を通るようになると、東京都心でも雪になり、積雪のおそれが出てきます。

 月曜日の午後に向けて、関東は早めに雪への備えをしておいてください。日本海側では、20日(土)午後から雪が降りやすくなるでしょう。(気象予報士・國本未華)

最終更新:1/19(金) 16:09
ウェザーマップ