ここから本文です

【動画】東京23区でも大雪に要警戒 交通機関が大きく乱れる可能性(21日19時更新)

1/21(日) 18:27配信

ウェザーマップ

ウェザーマップ

 22日(月)は全国的に雪や雨で、関東を中心に大雪に警戒が必要です。関東周辺は特に夕方以降、交通機関が大きく乱れる可能性があります。

 22日(月)は西から天気が崩れ、次第に雪や雨の範囲が広がりそうです。大雪になるのは、西日本では内陸部が中心でしょう。一方、関東甲信・東北南部は平野部でも大雪になる可能性が高くなっています。特に関東では数年に一度レベルの大雪となるおそれがあります。

 関東は昼頃から雨や雪が降り出し、雪のエリアが急速に拡大する予想です。気温が下がる夕方からは平野部でも大雪になる所があり、23日(火)の未明にかけて雪が降り続きそうです。
 
 ■大雪情報
【予想降雪量(22日夕方まで、多い所)】
 関東甲信          20センチ
 (東京23区          3センチ)
 中国・四国・北陸      15センチ
 九州北部・近畿・東海・東北 10センチ
【予想降雪量(22日夕方から23日にかけて、多い所)】
 関東甲信・東北       20~40センチ
 (東京23区          5~10センチ)
 
 気温は、全国的に日中もひとケタの所が多く、東京の最高気温は4℃でこの冬一番の寒さになりそうです。(気象予報士・中村美公)

最終更新:1/21(日) 18:27
ウェザーマップ