ここから本文です

川崎の新加入選手たちがお披露目…復帰の大久保嘉人はマトリョーシカから登場

1/21(日) 17:57配信

SOCCER KING

 川崎フロンターレは21日、今季の新体制発表会を行った。発表会には藁科義弘代表取締役社長、鬼木達監督、そして新加入選手が登壇した。

 まず初めに、藁科社長は今季の明治安田生命J1リーグの意気込みを語った。「昨年私たちは、本当に悲願であったJリーグ優勝を達成しました。一緒に涙し、ともに喜び合えたことは私の人生の中でも特別なことでした。しかし、それももう終わりです。間も無く新シーズンがスタートします。気持ちを切り替えて挑みたいと思います」。また、新シーズンのスローガンも発表され、「Go Sensational!」に決まった。

 次に、鬼木監督も昨シーズンの感謝を述べるとともに、改めて「チャレンジャー」として戦う姿勢を示した。「昨年は熱い声援とサポートをしてくださりありがとうございます」

「しかし、僕たちはチャレンジャーだと思います。昨年と何も変わらず、最強チームを目指します。昨年同様難しい時期が待っているかもしれません。それでも、それを我慢して乗り切ったことが今のチームの強みになっています。昨年以上に強固なファミリーとして、数多くのタイトルを一緒に勝ち取りたいと思います」

 横浜F・マリノスから加入したMF齋藤学は力強い言葉を残している。「今までライバルとして戦ってきましたが、まさか自分がこのユニフォームを着るとは思いませんでした。ケガをしている中で2年連続のオファーをいただけて、とても嬉しかったです。このチームで4冠を目指します」

 FC東京から復帰したFW大久保嘉人は、2018 FIFAワールドカップロシア大会にちなんで、テトリスのテーマに乗って、マトリョーシカの中から登場。久しぶりの古巣の雰囲気を味わった。「外から川崎の試合を毎試合見ていましたけど、本当にこのクラブが好きなんだなと感じました。また戻ってこれてうれしいですし、自分もタイトルを取りたいです」

SOCCER KING

最終更新:1/21(日) 17:59
SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報