ここから本文です

快適さと健康を追求した分離式ゲーミングキーボード「Dygma Raise」

1/22(月) 13:00配信

bouncy

2つに分離し快適に操作できるゲーミングキーボード「Dygma Raise」。腕や手首に負担のかからない健康的なゲームプレイをサポートするために開発された頼もしいキーボードだ。

腕や手首を痛めづらい健康に配慮したデザイン

マグネットにより簡単に結合・分離が可能な「Dygma Raise」。一般的なキーボードは手首を外側に向けて使用するため、長時間利用すると手首に負荷がかかってしまうのに対し、「Dygma Raise」はキーボードを2つに分離することにより、腕や手首をまっすぐ伸ばした状態を維持可能で、手首を痛めづらいデザインを実現している。

鮮やかなLEDバックライトも内蔵されており、キーの種類に合わせカラーを分けて点灯させることが可能で、より正確なプレイもサポートしてくれる。

eスポーツチームのヘッドコーチが考案

「Dygma Raise」は、長時間のゲームプレイで手首や首の後ろを痛めてしまう問題を受け、英国eスポーツチームFnaticのヘッドコーチ兼CEOのLuis Deilor Sevilla氏が、快適かつ健康的なゲームプレイに配慮して考案したという。

頼もしいキーボードで、より快適にゲームが楽しめそう。

Dygma

Viibar.Inc

最終更新:1/22(月) 13:00
bouncy