ここから本文です

向井亜紀&高田延彦夫妻 代理母出産で双子誕生【04年1月の紙面より】

1/23(火) 22:22配信

デイリースポーツ

 フリーアナウンサーの丸岡いずみ(46)が、映画コメンテーターの夫・有村昆(41)との間に今年1月3日、ロシア在住の女性の代理母出産で第1子男児を授かった。芸能界では、タレント・向井亜紀(53)が2003年11月、元格闘家でタレントの高田延彦(55)との間に代理出産で双子の男児を授かった。代理母は米ネバダ州の女性で、向井夫妻にとっては、3度目の代理母挑戦だった。夫妻は04年1月に会見し、喜びを語った。

【写真】向井亜紀 S状結腸がん手術していた

 【以下、04年1月16日の紙面より】

 昨年11月に代理出産に成功し、双子の男の子を授かったタレント・向井亜紀(39)と元プロレスラー・高田延彦(41)夫妻が15日、東京プリンスホテルで会見した。念願だった子供を授かり喜びいっぱいの2人は、今後降りかかる子供の国籍、戸籍の問題にも触れ、法律上はどうあれ「自分たちが実の親子であればいいんだ」と話した。

 満面の笑みだった。会見は双子の写真を向井が掲げ、高田が「万里 結太」と2人の名前を書いた色紙を披露した。

 00年8月、妊娠が分かった向井は同時に子宮頚がんが発覚した。同年11月に子宮を全摘出。代理出産を決意し、渡米したが2度も体外受精に失敗…。それを乗り越え向井の執念が実を結んだ。

 まだ大きな壁がある。米国では認められている代理出産だが、日本にはその法制度がない。そのため万里君と結太君には国籍および戸籍の問題が残されている。事実、米国生まれの2人は米国籍で、9日も米国のパスポートで入国した。また日本は分娩した事実をもって母とするため、実母はホストマザーとなった米ネバダ州在住のシンディ・ヴァンリードさん(32)となる。

 2人の子供が養子縁組で高田の籍に入っても、向井は“実母”にはなれない。米国で発行された出生証明書には母・向井亜紀、父・高田延彦と記載されているため、養子縁組の場合も、母をシンディさんに書き換える手続きが必要となる。

 夫妻はこの日「父・高田伸彦(本名)、母・向井亜紀」と書かれた出生届を持参。近日中には役所に提出するという。「どう受理されて、処理されるか。まだ分からない」という。向井は実母になれない可能性もあるが「アメリカ人であろうが、日本人であろうが、実の親子であろうが、養子であろうが、自分たちが親子であればそれでいい。これが自分たち家族の形。高田家のスタイル。紙(届け)の上と自分たちは別」と宣言した。子供には出生の事実をすべて伝えるという。

 「目の前の2つの生命が手元にある。それだけで目標は達成された。これだけで万々歳なんです」という高田。「高田を父にしたかった」と涙ながらに話す向井の3年余に及ぶ闘いには、一応の幕が下ろされた。