ここから本文です

【中日】松坂大輔、年俸ダウン額は2位の-3億8500万円、96%ダウン…過去の大幅ダウン選手は

1/24(水) 5:53配信

スポーツ報知

 昨季でソフトバンクを退団した松坂大輔投手(37)の中日入団が23日、決定した。ナゴヤ球場の屋内練習場で入団テストを受け、即日で合格。背番号は「99」に決まった。年俸1500万円プラス出来高で再スタートを切る。

【写真】松坂の覚悟!新人並み年俸でも「ホッとしています」22球でテスト合格

 ソフトバンクから中日入りした松坂は、推定年俸(円)が、昨年の4億から、1500万となり、3億8500万ダウンのダウン率96%。ダウン額は、15年5億から16年5000万になった杉内(巨)の4億5000万ダウンに次ぎ2番目。移籍した選手では、12年に楽天から中日入りした山崎武司の2億2000万ダウン(11年2億5000万→12年3000万)を上回る最高ダウン額だ。

 また、ダウン率は別表の通り、2番目になるが、中村と多村は育成契約。支配下選手のままでは、10年に阪神からロッテに移籍した今岡誠の91%ダウンを上回る最高ダウン率になる。

 ◇年俸が90%以上ダウンした選手◇              選手  (所 属)ダウン率(ダウン額)   旧年俸→新年俸

 ★中村紀洋(オ→中)98%(1億9600万) 06年2億→07年400万

  松坂大輔(ソ→中)96%(3億8500万) 17年4億→18年1500万

 ★多村仁志(D→中)93%(  4300万) 15年4600万→16年300万

  今岡 誠(神→ロ)91%(1億4500万) 09年1億6000万→10年1500万

  杉内俊哉(巨 人)90%(4億5000万) 15年5億→16年5000万

  新井貴浩(神→広)90%(1億8000万) 14年2億→15年2000万

  岩村明憲(楽→ヤ)90%(1億3500万) 12年1億5000万→13年1500万

 【注】金額は推定、単位は円。★は育成選手契約。                                                        

最終更新:1/24(水) 7:00
スポーツ報知