ここから本文です

モトリー・クルー、伝記映画の制作が実現。主要キャストにマシン・ガン・ケリーら

1/24(水) 16:50配信

rockinon.com

モトリー・クルーの自伝『The Dirt』の映画化が決定し、主要キャストと監督が発表された。

2月から撮影が開始されるという本作だが、「Empire」によるとギタリストのミック・マーズ役にイワン・リオン(『ゲーム・オブ・スローンズ』)、フロントマンのヴィンス・ニール役にダニエル・ウェバー(『パニッシャー』)、ベーシストのニッキー・シックス役にダグラス・ブース(『ノア 約束の舟』)、そしてドラマーのトミー・リー役にマシン・ガン・ケリーのキャスティングが決定したとのことだ。

また、『ジャッカス』シリーズのジェフ・トレメインが監督を務める本作では、共同プロデューサーとしてモトリー・クルーのメンバーも制作に参加するという。

『The Dirt』の映画化は2003年頃から試みられてきたものの、これまで実現には繋がってこなかった。

パラマウント・ピクチャーズやフォーカス・フィーチャーズなどの映画スタジオでの制作の話が出ていた時期もあったが、撮影が開始されることはなく、バンドが活動を終了してから約2年が経過した今回、Netflix制作のもと映画化が実現するはこびとなった。

なお、出演が決定したマシン・ガン・ケリーはTwitterに以下のようなコメントを投稿している。

「映画に出ることが決まって、弟を俺のドラムの先生に雇うことにしたよ。(これまで)家族だけの秘密だったんだけどね。ドラムを練習して、撮影が始まるまでにニュー・アルバムの制作を終わらせなきゃな」

rockinon.com(ロッキング・オン ドットコム)

最終更新:1/24(水) 16:50
rockinon.com