ここから本文です

Gmail+自動化サービスで大雪警報発令時にメールを送る

1/29(月) 10:00配信

アスキー

GmailとYahoo!の自動化サービス「myThings」を組み合わせて、大雪警報発令時に自動でメールを送るよう設定してみましょう。もちろん他の天気の警報にも応用できます。
Gmailをメインの登録先や連絡手段として使っているユーザーは多いかと思いますが、ちょっと設定を加えるだけでさらに便利になります。ライターの島徹さんが日常生活でも役立つGmailのTipsをご紹介。

防災速報の通知をトリガーに
Gmailを自動で送信する方法
 今年の冬は、広い範囲で大雪警報が発令されるなど、天候による生活の混乱が多くみられます。とはいえ、こういった情報はメディアのほか最近だとSNSを確認しないと気付かない場合があります。
 
 そこで今回は、Yahoo! JAPANの自動化サービス「myThings」を使って、、大雪警報が発表されると、Gmailを利用した通知メールが届くように設定してみましょう。
 
 自動化サービスを改めて説明すると、クラウド上で「○○したら、△△する。」という形で各社のWebサービスを連携させた自動処理を作成し、自動実行するサービスです。有名な「IFTTT」のほか、マイクロソフトの「Microsoft Flow」などもあります。詳しくは以前の記事をご確認ください。
 
「myThings」で大雪警報をGmailで通知する方法
 myThingsの設定には、基本的にスマホのアプリが必要となります。まずはmyThingsウェブサイトから、iPhoneもしくはAndroidスマホ用アプリをインストールしましょう。
 
 myThingsの初期設定を終えたら、新しいサービスの組み合わせを作成しましょう。メニュー画面下のペン型のアイコンをタップし、組み合わせ一覧画面の右上にある「+」アイコンをタップすると、「○○したら○○する」という表示の作成画面が表示されます。
 
 まずは自動処理の実行条件(トリガー)となる、「○○したら」の部分を設定しましょう。「○○したら」をタップすると、連携できるさまざまなチャンネル(ウェブbサービス)が表示されます。今回は、Yahoo! JAPANの「防災速報」を選びましょう。
 
 防災速報を選んだら、次は「詳細設定」をタップします。画面表示に従って、防災速報で「大雪警報・注意報が発令されたら」を選択します。次に、地域や警報レベルを設定したら「○○したら」の設定は完了です。
 
 次に「○○する」をタップして、先ほどと同様に設定しましょう。ウェブサービスの「Gmail」を選んで、詳細設定でメールの送信先と件名、本文を入力します。件名や本文の文中には、警報の日時や内容、参照URLの情報を自動挿入する設定もできます。
 
 設定が終わったら、画面スクロールして実行する曜日を設定し「作成」をタップしたら完了です。この設定を有効にすると、Yahoo !JAPANの防災警報で大雪警報の情報が通知されると、自動的にGmailから指定した相手に通知メールが届きます。
 
 ここまで操作して気づいた方も多いと思いますが、今回の設定は大雨警報など別の用途にも使えます。また、今回はGmailでの通知メール送信という設定ですが、メーリングリストを送信先に設定したり、GmailだけでなくLINEやSlack、Twitterなど別のサービスに通知することもできます。工夫して、さまざまな用途に活用してみましょう。
 
 
文● 島徹 編集●南田ゴウ

最終更新:2/19(月) 10:15
アスキー